トップイメージ

バイクには興味あるけど・・・
という方も多いと思います。
実はバイクは便利な乗り物です。
日々の生活から、仕事や行政などに使用されたり。
そんなバイクのすごさをぜひ見ていきましょう。

活気ある社会のためには、地域の人たちがいつでも便利に移動できる手段が必要です。
バイクは通勤・通学・買い物などの日常の足として、特に公共交通機関が不便な地域では、暮らしに欠かせない移動手段となっています。

郵便や新聞配達、食品のデリバリーから。 電気・ガスの検針、オフィスのメンテナンスなど、バイクは多くの仕事に利用されています。 この機敏なフットワークが、日本の経済活動を支えているのです。

地域社会を守るため、バイクの機動力を活かして、警察では白バイが、消防では赤バイが緊急車両として活動しています。

自然災害に強い国・地域を目指して、様々な取り組みが行われています。
市町村の災害対策部門でも災害時の活動用バイクを導入するケースも出てきています。
市民のライフラインを確保するうえで、自治体によるバイク活用は、地域の安心安全に大きく寄与しています。
◆防災・災害対策で活動するバイク隊


公共交通機関が不足する地域では、学生にとってバイクは大切な通学手段。
バイク通学を認める学校では、地域と協力して実技講習会などを実施し、交通安全教育に取り組んでいます。
バイクの安全運転を通じて、社会生活のルールやマナーの大切さを学んでいきます。